【ちまのひとり言】読書感想文を書きやすい小説5選

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

ご挨拶

こんにちは、こんばんは、ちまです。
雨の日が増えてきましたね。私は雨の音を聞くのが大好きです。
今日は、夏の読書感想文を書きやすい小説5選をご紹介します。

スポンサーリンク

読書感想文を書きやすい小説5選

ヘミングウェイさんの「老人と海」

四日にわたる老人と巨大カジキとの死闘を通して、人間が大自然に立ち向かう姿を描いた名作です。

朝井リョウさんの「何者」

就職活動を目前に控えた男女五人の大学生が、就活対策として集まるようになります。けれども、SNSの投稿や面接での言葉のやりとりで明らかになる本音や自意識のため、五人の関係は次第に変わって行ってしまいます。直木賞受賞作です。

リチャード・バッグさんの「かもめのジョナサン・完成版」

ジョナサンは、飛ぶことに生きがいを見い出し、自分の限界を突破しようとします。群れから追放された彼ですが、精神世界の重要なことを仲間に伝えます。
けれども、彼が姿を消した後、残されたかもめたちは、彼を神格化し始め、彼の教えは形骸化していってしまいます。大ベストセラーの旧作に四章が加えられた完成版です。

熊谷 達也(くまがい たつや)さんの「ラッツォクの灯」

高校生の翔平は、津波で両親を亡くし家も流され、妹の瑞希と仮設住宅で暮らしています。
今まで躊躇していた「ラッツォク」を今年は思い切って焚いてみます。その結果・・・。

寺地 はるなさんの「水を縫う」

高校一年の清澄は、子供の頃から手芸が大好きです。学校では手芸好きをからかわれ、周囲には理解してもらえません。世の中の〈普通〉を乗り越えていく、家族の物語です。

スポンサーリンク

最後に

今日は夏の読書感想文を書きやすい小説として5作品を紹介させていただきました。
どの作品も生き様を学ぶことができるすばらしい作品で、読中読後に色々なことを考えさせられます。
そのため、思った事を書き連ねていくことで感想文もあっという間に書けてしまうと思います。
今回紹介させていただいた作品以外にもこのオトメニアチャンネルでは様々なジャンルの小説を紹介させていただいています。
同様に感想文にピッタリな作品ですので、興味がありましたら一度見ていただけたら嬉しいです。

今日が幸せな一日でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました