【梱包方法】アクスタ交換/譲渡 トラブル回避術【初心者でも簡単】

スポンサーリンク
交換・取引

こんにちは、こんばんは、ちまです。
本日は久しぶりにお取引関係についてお話ししようと思います。

最近はツイッターでの注意喚起をよく見ます。
私自身よく取引をするので気を引き締めて毎回取引をしています。

今回ご紹介するのはアクリルスタンド(長いので以降はアクスタと記載します。)の取引で注意する事です。
この5点を守ればトラブルは回避できるでしょう。

(その1)無梱包で送らない
(その2)品物は必ず袋に入れる
(その3)必ずプチプチを巻く
(その4)薄いもの細長いものは片面を段ボールで補強する
(その5)プチプチを巻いた後は袋に入れる

スポンサーリンク

アクスタ交換【トラブル回避術5選】

(その1)無梱包で送らない

そんな事は当たり前と思う方もいるかもしれませんが、実は品物を何の梱包もしない状態で送る方は結構います。

無梱包で送るとアクスタの場合は折れてしまったり、表面が傷だらけになってしまう可能性があります。
破損した場合、取引は無効になったり相手へ品物代とかかった送料を支払わなければいけません。
また、無梱包で相手へ品物を送ると注意喚起としてアカウントなどの情報を要注意人物として開示されてしまいます。

絶対に無梱包で品物を送るのはやめましょう。

(その2)品物は必ず袋に入れる

これはどの品物にも言える事ですが、品物を緩衝材で直接巻くと品物が傷ついてしまう恐れがあります。

仮に傷が付かなかったとしても、品物に直接緩衝材を巻かれて届いたら相手はどう思うでしょうか…。
場合によっては直接叱責を受けることになったり、最悪の場合は注意喚起としてアカウントなどの情報を要注意人物として開示されてしまう事もあります。
ですので品物は必ずOPP袋もしくはチャック袋に入れましょう。

OPP袋やチャック袋が無い場合には、購入した際に付いてくる元袋に品物を戻すのもOKです!
とにかく何の袋にも入れないのはNGです!

(その3)必ずプチプチを巻く

袋に入れるだけでは輸送時の衝撃にアクスタは耐えられません。
袋に入れただけの状態で送ると最悪の場合アクスタが壊れてしまう可能性があります。
仮に壊れなかったとしても傷が付く可能性がありますので、必ずプチプチを巻きましょう。

※プチプチは2重~3重巻き

アクスタにプチプチを巻く際は最低でも2重巻きにしましょう。
アクスタにプチプチを巻いてみればわかりますが、1巻きでは全然保護できません。

私は封筒の上から加圧されても大丈夫なように2重~3重巻きにする事が多いです。
皆さんもアクスタにプチプチを巻く際は必ず2重巻きはしましょう。

(その4)薄いもの細長いものは片面を段ボールで補強する

例えばどんな物に補強が必要か、分かりやすく写真を用意しました。


パネルタイプ(写真右のもの厚さ1mm)の品物や等身、型から外すタイプ(写真左と中央どちらも厚み3mm)のようなものは折れないように補強をした方がトラブルは回避できるかと思います。
プチプチは衝突や落下などでできる傷は回避できるかもしれませんが、加圧されたときに品物を守ってくれる防御とはなりません。

もちろん補強をしたから絶対に折れないという訳ではありませんが、何かあった時のためにお取引相手に『私はしっかりとした補強をしていました。』と自信をもって言えるように最善を尽くしておくことは必要な事だと私は思います。

写真の品物のどういった所が折れやすいか詳しく説明していきます。

(例)等身アクスタ

今回用意した等身アクスタはアニメイトさんなどでよく売られているアクスタになります。
裏面を見るとスタンドがセットで入っています。
この状態で段ボールなどで補強をせずにプチプチを巻くと赤丸の部分で折れてしまう可能性があります。
品物を送る際は台座が付いてる裏面ではなく表面に段ボールや厚紙などを固定して補強しましょう。

(例) 型から外すタイプのアクスタ

型から外すタイプのアクスタは写真の赤丸の部分がとても細いです。
圧をかけるとあっという間に折れてしまいます。

発送の際ではありませんが、私は収納棚に並べて入れていただけで赤丸部分が折れてしまった事がありました。
それぐらい折れやすいです。
型から外すタイプの品物を交換する際は必ず段ボールや厚紙などで補強をしてからプチプチを巻きましょう。

(例)アクリルパネル

最初にまとめての画像をお見せした際に記載しましたが、アクリルパネル(当方所持品はアニメイトで購入)は厚さ1mmの物です。
上記の画像を見ていただけたら分かると思いますが、すごく薄いです。
アクリルパネルはプチプチで保護するだけでは、折れてしまう可能性が非常に高いので必ず段ボールや厚紙で補強をしましょう。

※ちなみに【型から外すタイプ】や【アクリルパネル】は片面と記載しましたが、心配なようでしたら両面補強でもいいと思います。
でも両面補強してもプチプチを使う事は忘れないようにしましょう!
私は両面補強の場合はプチプチ1巻き・片面補強をする場合は段ボールで補強してる面は1巻き、アクスタが見えている面は2重巻きするようにしています。

梱包方法についてもっと詳しく知りたいという方はこちら↓の記事をお読みください。

(その5)プチプチを巻いた後は袋に入れる。

プチプチを巻いたら、封筒に入れる前に必ず袋に入れましょう。
これは封筒が濡れてしまった際やプチプチから品物がはみ出ないようにするために必要なことです。
入れる袋はOPP袋またはチャック付き袋を使用しましょう。

封ができない袋しかない場合には開いている部分を折り曲げマスキングテープなどを貼り袋から品物が飛び出さないようにしましょう。
しかしなるべくならOPP袋またはチャック付き袋を使うことをお勧めします。

スポンサーリンク

最後に

ここまで説明してきた事をして、やっと相手に品物を送れる状態になります。
今回説明したことはどれも大切な事なのでしっかりと覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました