【実習での体験談(実話)】私が保育士として就職しなかったわけ【感想】

スポンサーリンク
雑記

こんにちは、ちまです。
今日はプロフィールにも書いた私が短大卒業後に保育の仕事につかなかった理由をお話しします。
皆さんなんとなーく分かるかと思いますが、正直にいうと実習中の実習先でのいじめで嫌になってしまったからです。

保育士は今は男性も多いですが、それでも場所によっては女性だけの場所ももちろんあります。
私は何回か行った実習先の中で2回いじめにあいました。
どちらも女性しかいない場所でした。

1回目

この時は一緒に行った同級生がいて二人ともいじめを受けました。
その際はお互いに励ましあって実習を乗り越えた記憶があります。
その場所では全員がいじめをしていたわけではなく、とあるクラスのリーダーの先生が理不尽なことで怒ってきたり、無理な仕事を押し付けてきたりしました。
でもそこでは一緒に行った人がいたという事が大きかったのか、そこまで精神的なダメージを受けずに実習を終えることができました。
問題は2回目の実習先でした。

2回目

そこは近所だったという理由で選びました。
今はそんな理由で選んだことを後悔しています。
実習で行ってるはずなのにやる事を聞いても教えてもらえず、まともな実習をさせてもらえませんでした。
この場所での私の扱いはパートの先生と変わりませんでした。
掃除や雑務をひたすらやらされ、それ以外はただ子供のそばにいるだけ。
一番ひどかったのは、突然私に時間をあげるから子供たちの前で好きにやってみろ、あげた時間中は助けないから時間が余っても自分でどうにかしろと言われたことでした。
また、実習は本来最後に実習でお世話になった組のリーダーの先生、園長などが集まり反省会をするのですが、その場所はそれすらありませんでした。
精神的にまいってしまった私にとっては無くて良かったのかもしれません。
食事が喉を通らないほど行きたくないと思ったのは後にも先にもこの実習先だけです。

この頃から女社会は怖い。
仕事なんて探せばいくらでもあるんだからわざわざこんな場所に行く必要はないと思い始めました。
皆が掲示板をみて就職先を探す中、私はその掲示板を見ないふりをして卒業だけのために短大に通っていました。
卒業後は女の人が多い仕事は嫌で男の人が多い夜のバイトを始めました。
最初は人がこなそう、楽そうという理由で面接に行きましたが、結果としては大きく私の人生を変える場所になりました。

スポンサーリンク

最後に

今でもこの選択を後悔はしていません。
後悔はしていませんが、短大ではなく大学に行って別の勉強をしてみればよかったとは思います。
今回私がいった実習先でのいじめは運が悪かっただけと言えばそれまでです。
行く先々でそういった事をされるわけではありませんので、これから資格をとろうとしている方はビクビクしなくて大丈夫です。
なんなら大学の先生にどこの園の実習がいいかを聞くといいでしょう。
そうすれば私のようにハズレを引くことはそうそうないはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました